この風のむこうから… 今日も、のほとけの囁きが聞こえてきます… 

防野宗和の「のほとけの散歩道」へ、ようこそ!!

絵と書と「ラ」

絵 と 書 と 邏 えとしょとら
邏=巡察。「のほとけの 心はいつも 駆け巡り…」墨を摺っているかと思えば、絵の具を
溶いて見たり…、筆を持ってみたら木を彫りたくなってみたり…、私は欲張り。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「えとしょとら」(ラ) 「絵も… なぜか裸婦も…」

 雨のショーウインドウ

 想う 

 あら、枝毛が…

 見つめる… 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「えとしょとら」 「これからも書き続けます」

    雪月花

慎 

海 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 海-2  

 月

 花

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  虫/防野慎太(3歳の頃)

逆さ「虫」に学んだ事
 左の作品は 私のものではない。もう 30年近く前に、私の次男が3歳の頃に書いたもの。
 展覧会に出品するために、私が四苦八苦している横で「ボクも書くぅ〜」と、何の衒いもなく書き上げた。実は、虫という字を書いたわけではない。
 下の写真のように書いたものが、ひっくり返すと、虫という字に。この作品が好きで、それ以来手元に置いてる。

逆さ虫

 展覧会が目前に迫り、上手く書かなければとの思いばかりで「今を生きている、私と言うものの表現…」を忘れていた。どんなに上手く書こうとしても、いま在る私しか表現できない。ならばもっと素直に紙と対峙しようと…。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「えとしょとら」(ラ)「木を彫りたくて」

扁額

この風を聞きながら

面影

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

防野宗和の「のほとけ(野仏)の散歩道」絵と書と邏/のほとけと絵添え文