この風のむこうから… 今日も、のほとけの囁きが聞こえてきます… 

防野宗和の「のほとけの散歩道」へ、ようこそ!!

2015.3.22「横笛の詩」

2015.3.22「横笛の詩」
横笛ヘッド

第弐回 紀州かつらぎふるさとオペラ「横笛の詩」に多数のご観覧をいただきありがとうございました。

企画・脚本・演出・舞台デザイン・プロデュース/防野宗和(sowwa)
作曲/千秋次郎 作詞/小川淳子
指揮(音楽指導)/金 正奉 pf./番匠久世 fl./左川佑璃 el./東 真帆 尺八/辻本公平
演技指導/山本弥生 女声(侍女)衣装/山口千代子 装置/中瀬孝大 進行/中西善子

横笛/野口眞知子 滝口入道/竹内直紀 斉藤茂頼/松澤政也 春蓬(合唱指導)/福本陽子
和音/安田和代 侍女(舞指導)/曽和敬子 侍女1,2/西尾 薫 森屋 結
僧侶(高野山真言宗和歌山青年教師会)/石橋弘龍 柿内諦光 金森良祐 戸田弘照 阪口隆祥 平田一成

写真はクリックで拡大

序  章
高野山の滝口入道(斉藤時頼)から天野の里は病床の横笛に送った和歌
高野山 名をだに知らで過ぎぬべし うきよよそなるわが身なりせば」
それに応えて横笛は
「やよや君 死すればのぼる高野山 恋も菩提の たねとこそなれ」

貴女の名前さえ知らずにおきましょう…と、言いながら和歌を送った滝口の想いは…。
私が死しても貴方の修行の糧となりますように…と応えた横笛の想い。
互いを思いやる信愛美・祈り…。この5分間の序章の二人のアリアが、これから始まる2時間の物語の全てを表している。

1幕開き前-2 1幕開き前

恋 草 の 章 (恋の思いが激しく燃え上がる様は種々の生い茂る如し)
 平安末期、 京の都 平清盛邸で催された宴の席…。時の内大臣、平重盛の家臣・斉藤時頼は、その宴の席で舞う美しい女性「横笛」に一目惚れする。
二人の切なく哀しい恋の物語がここに始まります。

■幕 開 け

2幕開き 2幕開き-2

■侍女と家臣の噂話し ■横笛、時頼(滝口入道)と出会って…

3侍女と家臣 4出会い

恋 風 の 章 (恋心のせつなさは、風が身に染みる如く)
 横笛は建礼門院に仕える雑司女。所詮叶わぬ身分違いの恋故に、淡い恋心を断ち切らんと時頼は嵯峨野 往生院に出家する。そこに思い悩んで訪ね来た横笛に会うことすら拒み、 横笛が再び訪ねてきては 修行の妨げになると、女人禁制の高野山を目指します。

■時頼、父に横笛との結婚の許しを乞うが… ■横笛、時頼の父 茂頼と出会う

5斉藤家 6父との出会い

■往 生 院
出家した時頼(滝口)を頼って、和音と共に往生院を訪ねるが会うことすら叶わず…
人間愛から精神愛に救いを求め横笛も出家を決意する。
「山深み 思い入りぬる柴の戸の 誠の道に我を導け」
滝口に救いを求めて和歌を詠む…が、その思いは信愛美・祈りに変化し、仏の道に思いが置かれる…。

7往生院-1 7往生院-2

7往生院-3 7往生院-4

7往生院-5 7往生院-6

幻 世 の 章 (まぼろしのように、はかない人の世)
 叔母である尼僧 春蓬に横笛は出家を願い出る。その後、高野山で修行する斉藤時頼(滝口入道)の噂を伝え聞いた横笛は、 紀州かつらぎ天野の里に移り住む決心をする。

■法 華 寺・春 蓬

8春蓬 8法華寺-1

8法華寺-2 8春蓬-2

■天 野 の 里
恋しき人へ想いを馳せながら過ごす日々。しかしながら、 厳しい尼寺での修行が横笛の体を病魔が蝕み、帰らぬ人となるのです。

9天野-2 9天野-1

9天野-3 9天野-4

寂 静 の 章 (煩悩を離れ、苦しみを去った解脱の境地。涅槃)
 ウグイスに化身した横笛は、 天野の里の村人に感謝を残しつつ高野山へ飛び立ち、滝口入道が修行する高野山大円院の空で優しく鳴いて、 儚くもその庭の井戸に身を落とすのでした……。

■高 野 山

10高野山-春蓬2 10高野山-春蓬

10高野山-1 10高野山-2

10高野山-3 10高野山-4

■フィナーレ

11フィナーレ-1 11フィナーレ-2

11フィナーレ-3 11フィナーレ-4

沢山の皆さんにご協力をいただきました。心より御礼申し上げます。

3月22日(日) 信愛美に満ちた素晴らしい舞台になりました。 

集合-100

※数日前から、sowwaは肺炎を患っていました。本番後 要入院との事でしたが拒否し通院治療。煙草はやめられませんねぇ。(>_<)
各シーンの写真は、もう少し体調が回復するまでお待ち下さい。m(__)m

3月21日(土) ゲネプロ 

画像の説明

風邪なのか2・3日前から調子が悪い。首や肩が痛くて痛くて…
咳も…
明日が本番、何とか持ち堪えなければ…

照明が入って、美しい舞台になりそう。

3月19日(木) 13:00/通し稽古 

画像の説明

全体練習最後の今日、嬉しい情報がありました。チケットが完売となり、練習参加者にお伝えすると拍手がおこり通し稽古にも熱がこもりました。
残すところ21日(土)のゲネプロ、そして22日(日)に本番をむかえます。
昨夏からの練習、本当にお疲れ様でした。もう一度気を引き締めて本番には皆さんの最高のパフォーマンスを届けましょう。

3月15日(日) 10:00/ 金cond・番匠pf・東el 14:00/リハーサル 

画像の説明 画像の説明

午前中はピアノとエレクトーンの音楽練習。転換スタッフや衣装・ヘアメイクスタッフによる打合せと準備。
午後1時には全員が集合し衣装に着替えて2時からのリハーサルに備えた。
リハでは細かな演技の手直しが必要、問題は初めて装置の転換をやってみたが問題が山積み。21日の午前中にしっかり練習をしたい。また指揮と照明のタイミングも打合せをしなければまだまだぎこちない。

3月12日(木) 10:00/横笛・滝口 音練 金cond・番匠pf 13:00/立ち稽古 

画像の説明 画像の説明

山本弥生さん、中西善子さん来館。
野口眞知子 横笛と竹内直紀 滝口の音練の後、午後から各シーンの練習。久しぶり笠田高校の合唱部の7名が参加し、一般女声・男声と共に練習ができた。練習が進むにつれ声も動きもよくなってきましたが、一回目の音始まりでそれが出来るように、そう 後10日で本番ですから。
今日は装置を出してみた。15日はリハーサルです、この日に動きを確定しなければ…。
そうそう、弥生さんが所用で東京へ行かれ、お土産のお菓子を差し入れて下さり皆で美味しくいただきました。(^○^)

3月8日(日) 通し稽古 

画像の説明

アリアの皆さん・音楽スタッフ、合唱の皆さんがほぼ全員に近い方々の参加で全体通しができた。
午前中が衣装合わせで、万葉衣装の山口千代子さんとスタッフ2名、石童丸ものがたりの小嶋彩子さん、メイクの山上久美さん他3名の方、進行の中西善子さん、影アナをお願いしていたNinaさん等もスタッフとして参加下さいました。作曲の千秋次郎先生も来館。
全体の流れを見ながらの練習でようやく見えてきた。
残された練習でもっともっと深めなければ。

2月28日(土) 合唱練習/福本陽子 舞/曽和敬子 

画像の説明 福本さん

オープニングと天野の里のシーン。練習始まりから徐々に声が出るようになり、全体がとても良くなってきた。今日は気分良く練習に立ち会えたので写真を6枚もUP。(^-^)
「幸せのうた」では皆さんの笑顔が、「元気になってね横笛さん」も悲しみを表現するのではなく、祈りの心を歌であらわして下さいと…、それぞれとても良くなってきました。

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明

早いもので2月も今日で終わる。本番まで後3週間となった。1日から7日までは他のイベントの為、会館を使用することが出来ない。
実質2週間の中で仕上げなければ…(@_@;) 8日の通し稽古がどうなるか。
練習ピアノの土田陽子さん(写真右下)が、今日の稽古で最後になりました。昨夏から取り組んでいただき感謝。本番では譜めくりをお願いしている。(左はエレクトーンの東 真帆さん)
8日まで皆さんには、しっかり台本を読んでいただき私がテーマとしている「信愛美・祈り」を、各自の中でイメージしていただきたい。
今日までの歌唱指導というある意味技術を学んでいただきましたが、8日からの2週間の中で心の部分を表現できるよう学んでいきましょう。この日には衣装合わせの後、少しお話しをさせていただきます。

2月26日(木) 立ち稽古 

画像の説明 画像の説明

山本弥生さんに来ていただき、ソリスト中心の稽古。高野山、天野の里の後半、法華寺、斉藤家 等。
プロの皆さんのシーンは、お互い動きの確認をしながらやってくれるので、特にこちらからは何も言う事もなく安心して見ていられる。
今回の舞台では横笛と和音、僧侶の3人の往生院のシーンが私の中で一番の見せ場、テーマとなる信愛美・祈りを表現したい場面。もっと練り込んでいきたい。
野口横笛・竹内滝口・松澤茂頼・福本春蓬、そして僧侶5名のみなさんと番匠pf・辻本尺八の方々お疲れ様でした。

2月24日(火) 装置制作 

2:24

朝から装置の制作。ほぼ仕上がっていた装置の人形(装置を立てるためのついたて)を中瀬氏、ペンキ塗りを会館の和田氏それに午後から助っ人に加わってくれた職員の表谷氏であたる。
往生院の門や塀、大圓院の塀に几帳や血文字を書く石、井戸等は改めて作り変えた。男性合唱の丹生一洋氏にもこれらの制作に拘わっていただきました。
装置図面を昨年の春過ぎに起こし、出来るだけシンプルにシックにという思いで仕上げた。ただ、大屋根や天野の里の鳥居は初演のものを使用するが、保管の為に幾つかに分割しているのでそれらを組み立てなければならない。(^0^;) 状態によっては改めて補修のペンキ塗りをしなければならないかも。
残すは往生院で使う竹。これは本物の竹を使うので切り出して運ばなければならない。6m以上もの竹をどうやって運ぼうか。それも5本は必要だ。枯れて色が変わらない状態で使いたいので、設置は間際になるなぁ。
今日の作業で腰が悲鳴をあげている。(/_;)

2月21日(土) 合唱練習/福本陽子 土田陽子pf 

2:21イメージ

山本弥生さん、中西善子さんがお見えになっての合唱練習でしたが、総合文化会館はボランティア祭りが開催されており来館者でイッパイ。歌いながらの動きや舞の練習を入れたかったのですが、AVホールでは思うように練習が出来ませんでした。金Condが3月8日の通し稽古まで不在で、今日から副指揮の福本さんに頑張って貰わねば… とても良くしていただいているので感謝のみ。(^^)
山本さんには合唱を見ていただき、中西さんには村人衣装の整理を手伝っていただいた。お陰で衣装関係はほぼ準備ができました。
後一ヶ月、台詞まわしや動きの緻密さは当然ですが、全体を通してのそれぞれの心の有り様、間 というものを大切にしたい。
※Photo:写真を撮り忘れたので(>_<) 初演での天野の里の様子。

2月19日(木) 立ち稽古 金cond 番匠pf 左川fl 辻本尺八 山本弥生 

画像の説明

1時からの尺八と声明の音合わせに続き、声明が関係する幕開き前とラストシーンの練習。全体を通してやらないとまだまだ間合いが上手くとれない。何度もやるしかないなぁ。
侍女と家臣・横笛との絡み、侍女二人は特に問題ないものの家臣の動きや台詞もこれから…。^_^;
それぞれの立ち稽古の後は、金氏の指導で横笛のアリアの練習で予定時間をオーバーするほどに熱のこもった半日でした。

2月14日(土) 合唱練習/金 正奉 福本陽子 山本弥生 土田pf 

2:14

今日の合唱練習は、笠田高校生の2年生7名が修学旅行で、男声合唱の4名は岩出市での第九コンサートでお休みでした。滝口入道役の竹内直紀氏・斉藤茂頼役の松澤政也氏もこのコンサートに参加している。
艶やかなオープニング、楽しい場面と寂しい場面の天野の里のシーンのそれぞれの雰囲気が伝わって来ない。舞台に立った時の個々の内面が見えて来ず、歌わされている感が否めない。
台本をもう一度熟読し、心の有り様を考えて舞台に立って欲しいものです。

2月7日(土) 合唱練習/福本陽子 舞/曽和敬子 土田pf 

2:7 2:7-2

女声合唱の動きを簡略化した。2月は笠田高校生全員が揃うのは今回だけ。9名中7名が2年生で修学旅行やテストと重なり、3月8日の全体の通しまで丸一ヶ月空く。その間忘れないように家で練習を…。
今日の練習で、ようやくオープニングと天野の里のシーンの目処がついた。今夜は眠れそう。
家臣1の下ノ上氏、家臣2の丹生氏とは幕開き後の侍女との絡み場面の動きの打合せも出来また一歩前進。
まだまだやらなければならない事がテンコ盛りですが、確実によくなりつつある。(^○^)

2月5日(木) 横笛・和音 舞/曽和敬子 往生院/山本弥生 

2:5

午後1時30分から曽和敬子さんの指導でオープニングの舞練習。それぞれの動きからぎこちなさが無くなり、スムーズな流れが出来良くなってきた。顔の表情、ちょっとした所作が更に美しい舞になる。本番まで期待したい。
3時からは往生院でのシーン。滝口入道との再開が叶わなかった横笛の心の内を表現する難しい場面ですね。期待から失望、そして心を新たに、横笛が前向きに生きようとする大切な場面です。
山本弥生さんの演技指導で形になってきました。もっともっと練り込んでいきましょう。

1月31日(土) 通し稽古・合唱練習/金 正奉 番匠pf 東el 

画像の説明

演技指導に山本弥生さん、合唱指導の福本陽子さん(春蓬役)や舞の曽和敬子さん(侍女・お圭)それに僧侶4名等の参加で、幕開き前からオープニング、往生院、天野の里のシーンを繰り返し練習。
斉藤時頼や茂頼等の客演4名が別の舞台があり参加が叶わず、全体の通し稽古が出来なかった。
今回、合唱練習で出来た事が若干の動きが入ると歌がおろそかになり課題が見えた。
横笛(野口眞知子さん)、和音(安田和代さん)が以前に増して良くなってきている。が、全体を見渡せばまだまだ。明日から2月に入る、この一ヶ月が勝負ですが、練習日が思うように取れないのが悩みの種。今夜も眠れそうにない。

1月22日(木) 午前/滝口・横笛の台詞合わせ 午後/立ち稽古 

画像の説明

今日は紀北文人展の搬入の日でもあり、10時からの滝口(竹内直紀氏)と横笛(野口眞知子さん)の台詞合わせには演技指導の山本弥生さんに立ち会っていただいた。
sowwaは橋本市教育文化会館で作品展の会場設営を行い、作品の展示は会員さんにお願いをし、正午に上記の3人と合流。
午後からはピアノの番匠久世さん、尺八の辻本公平氏、春蓬(福本陽子さん)、侍女の西尾 薫さん、指揮の金 正奉氏、和音(安田和代さん)、斉藤茂頼(松澤政也氏)と重要な役どころの面々が来場。一通りの稽古が出来て、少し光明が見えてきた。
明日から3日間は横笛の事は忘れて、紀北文人展で久しぶりの仲間とゆっくり流れる時間の中に身を置こう。

1月17日(土) 合唱練習/指導・金 正奉 Pf・小嶋彩子 演技指導・山本弥生 

画像の説明

1-17幕開き
1-17天野

12時入りで、横笛(野口眞知子さん)が金 正奉氏の音楽指導を受けた。演技指導の山本弥生さんも、pf小嶋彩子さんの譜めくりを担当して下さり、午後1時30分からの合唱練習までミッチリ音練ができました。
その間、金氏と12時入りしてくれた丹生一洋氏に手伝っていただき平台の設置。
合唱練習では、オープニング、天野の里での立ち位置や動きの確認をしながらの合唱練習で、内容の濃い練習ができました。
天野の里で横笛が息を引き取るシーンには和音(安田和代さん)も加わり、まだまだ手直しは必要といえど、その迫真の演技に合唱の皆さんから拍手が起こりとてもいい雰囲気です。(^○^)
合唱の皆さんの見せ場は、この天野の里での歌と演技。徐々に調整しながらクライマックス前の明るいシーンに作り上げていきましょう。
そしてオープニングの艶やかなシーンでは、女性合唱の皆さんの扇子の扱いや少ない動きながらも微妙な振る舞いが決めてになります。皆が呼吸を合わせて、凜とした舞台に仕上げましょう。

1月15日(木) 横笛の練習に、演技指導の山本弥生さんにアドバイスを受けながら、短い時間でしたが稽古が出来ました。

1月10日(土) 合唱練習/指導・金 正奉 ピアノ・小嶋彩子 (AVホール)

画像の説明

2015年、新年を迎えて初めての合唱練習。男声4名、女性19名と曽和敬子さん、福本陽子さんの参加。金 正奉氏の指導で午後1時30分から3時間近くの練習に熱が入りました。シーンの情景を思い浮かべながら歌唱するという指導に、ワタクシsowwaも聞き入りました。(^^)
合唱の皆さんには、昨年末に出来上がったチラシやポスターを持ち帰ってもらいましたが、公演当日は満席になるようPRにつとめていただきたいものです。
会場にお運びいただく皆さんに喜んでいただける舞台になるよう、限られた時間の中で精一杯頑張りましょう。>^_^<

12月20日(土) 合唱練習/指導・福本陽子 ピアノ・土田陽子 (AVホール)

画像の説明

男声の丹生一洋さんの今日の感想。
「だんだん声が出てきているのでしょうか、AVホールは反響があるのでしょうか、全体のボリウムが上がってきたように思います。
男声だけの練習と違い、響きもいいし、掛け合いの具合もいいし、練習にも力が入ります。
福本先生からはできるだけ楽譜は見ないようにという指示がありました。また、鏡を見て笑顔の練習をするようにとも。
我が家には鏡がないので・・・。」(^○^)

今日は、山本弥生さんと中西善子さんが、突然差し入れを持って(^-^)激励に来てくれました。色々と打合せ?が出来たので良かった。

12月18日(木) 横笛・和音・僧侶
       男声合唱/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (大ホール)

画像の説明 12-18男声

午後1時30分から野口 横笛と安田 和音に加え、僧侶5名の方に参加いただき幕開き前の序章と、天野と高野山での声明のシーンの立ち稽古。
声明は高野山真言宗 和歌山青年教師会の石橋弘龍会長はじめ、柿内諦光氏、金森良祐氏、戸田弘照氏、阪口隆祥氏、平田一成氏の6名の方々が参加下さる。金森良祐氏には往生院での滝口入道と修行を共にする僧の役(写真左中央)をお願いしている。
午後7時からは男声合唱、とはいえ今回も女声3名の方が参加下さり、動きを入れながらの合唱練習。
男声/藤原弘己氏、松尾 隆氏、岡村祐樹氏、南 康平氏、丹生一洋氏。
女声/玉置祥子さん、谷口裕代さん、酒向彩音さん。

12月11日(木) アリア音楽練習 指導・金 正奉 ピアノ・番匠久世 (大ホール)

画像の説明

指揮の金氏、ピアノの番匠さんに加えフルートの左川佑璃さん、尺八の辻本公平氏が加わり幕開け前からの音楽練習。小嶋彩子さんも来て下さいました。
キャストは横笛の野口眞知子さん滝口入道の竹内直紀氏、その父役 松澤政也氏も途中から参加。
春蓬・福本陽子さん、侍女の西尾 薫さんと森屋 結さん。家臣・丹生一洋氏と下ノ上文和氏には侍女二人との絡みの練習の為に参加くださった。
熱のこもった練習に一安心。

12月7日(日) 合唱練習/指導・福本陽子 ピアノ・土田陽子 (AVホール)

画像の説明

6日(土)の予定だった合唱練習が今日になり、男声7名中2名の参加でした。女声が15名中11名でまずまず。本番まで後3ヶ月少々、来月からは合唱の皆さんには歌に加え、動きの練習が入ります。休まずご参加を。

12月4日(木) 横笛・和音の舞/指導・曽和敬子
       男声合唱/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (大ホール)

画像の説明

午後からの舞練習に加え、往生院とラストシーンの野口 横笛、安田 和音の動線の確認。横笛には白拍子の衣装を着て舞っていただいたが勝手が違いチョット大変そう。(T.T) 早めに衣装を着けてみて色々確認出来て良かった。
(写真中央:野口眞知子さん、左:安田和代さん、右:曽和敬子さん)
午後7時からは男声練習、参加者は4名で個人レッスン?のテイ。
次回は7日(日)13:30より混声合唱です。

11月29日(土) 合唱練習/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (大ホール)

画像の説明

野口 横笛さんも加わっての混声合唱練習。
男声4名と女声アルト9名・ソプラノ5名の参加でした。
来月からは場当たり練習が加わり、合唱の皆さんにも場面に合わせた動きが入ります。これからが大変ですが頑張ってまいりましょう。

11月26日(水) 男声合唱練習/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (AVホール)

画像の説明

今回も女声3名の方に入っていただき順調に練習が進みました。
男声は当初13名の予定が7名になり残念ですが、その7名の方々全員に参加いただき徐々にまとまってきています。(^-^)
丹生さん、下ノ上さんには来月から台詞が加わります。こちらも宜しく。∈^0^∋

11月22日(土) 合唱練習/指導・金 正奉 ピアノ・土田陽子 (笠田ふるさとセンター)

画像の説明 画像の説明

画像の説明

今月1日に続き、指揮の金 正奉氏が合唱指導に来てくれました。
金氏の不在時に合唱練習の指導をしていただいている福本陽子さんに加え 女性合唱20名 男性5名。
詩の解釈を大切にされる金氏の指導に皆さん聞き入っていました。
次回は、26日(水) 19:00〜 男声練習 かつらぎ総合文化会館AVホール、また 29日(土)が13:30〜 混声合唱練習 [大ホール]です。

11月20日(木) 横笛、和音・お圭の舞練習と往生院 (AVホール)

画像の説明

和音役の安田和代さんがはじめての参加。オープニングの舞の指導を曽和敬子さんに受け、野口 横笛、曽和さん・安田さんの舞を合わせる。細かな動作はこれからですが、全体の動きをつかんでいただき本番までに仕上げていただきましょう。
舞練習に続き、横笛と和音が往生院を訪ねるシーンで、少し台詞の変更や、初演との動きの違いを確認。
来週27日(木)もこのシーンとラストシーンの確認をしましょう。

11月19日(水) 男声合唱/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (AVホール)

画像の説明

今日も女性合唱から3名の方が参加下さった。男性合唱も7名の内6名の参加。合唱総勢32名(内 女性25名)の中で、男性が少ないのが残念ですが頑張っていただきましょう。
段々と表情表現が出来てきたと指導の福本さんの言葉。いい雰囲気です。
次回の合唱練習は、22日(土)13:30〜 笠田ふるさとセンターです。
金 正奉氏(指揮)来館。 土田pf

11月6日(木) 法華寺シーン/福本 春蓬、野口 横笛、ピアノ・番匠久世 (AVホール)

画像の説明

第二幕・第一場 横笛(写真右)が奈良 法華寺の尼僧 春蓬(横笛の叔母)を訪ねて、仏門に入った滝口入道と同じく自身も尼僧になるべく春蓬に懇願をするシーン。最初は反対をしていた春蓬尼も横笛の決心の固さに受け入れる、という設定。
二人の歌は安心して聞いていられるし、演技も細かな部分をチェックするだけで特に問題なくすんなり終了。
合唱練習に加え、いよいよ演技の練習に入りワクワク気分。∈^0^∋

11月1日(土) 合唱練習/指導・金 正奉 ピアノ・土田陽子 (笠田ふるさとセンター)

画像の説明

夏から福本陽子さんに、音取りを熱心に指導していただき今回初めて、来春公演に指揮をしていただく 金 正奉氏に合唱指導をしていただいた。
優しく丁寧な指導で充実した合唱風景。
(^-^)
スコアに忠実に歌うとともに、それぞれのシーンでの歌う気持ち・歌詞の意味を理解する事の大切さを話していただき、制作者としては嬉しい限り。
温かな合唱が出来そうで楽しみです。

画像の説明 画像の説明

男性4名、女性16名。他に、野口 横笛、福本 春蓬、小嶋pf の方々でした。
次回の合唱練習は22日(土)、会場は今回同様 笠田ふるさとセンター。
※12月6日(土)の練習が、12月7日(日)に変更になります。ご注意下さい。

10月30日(土) 横笛 舞・アリア/指導・曽和敬子 ピアノ・番匠久世 (リハ室・AV)

横笛10-30

午前9時30分〜野口 横笛の舞の練習、午後からはアリアの練習でした。
午前中、演技指導をお願いしている山本弥生さん(藤原歌劇団会員)が顔を見せてくれました。舞練習を見学され、野口 横笛さんを励ましていただいた。(^-^)
舞練習は一応の流れをつかんでいただいたので、後は自主練習をやっていただき、今後はシーン別に練習をすすめます。その後、進み具合を見ながら舞もチェックしていきましょう。
次回は11月6日(木)、法華寺での尼僧 春蓬との絡みです。

10月29日(水) 男声合唱/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (AVホール)

横笛10-29 横笛10-19-2

今日もアルトの女声お二方が来てくださいました。女声が入るといい雰囲気で練習ができますネ。(^-^)
そろそろ楽譜を見ずに、自然な笑顔で歌える様にと練習に励みました。
男性合唱はいつも午後7寺〜9時まで、本当にご苦労様です。
松尾・藤岡・下ノ上・岡村・丹生の各氏と、女声で協力を頂いた玉置・谷口さん、前回に続きありがとうございました。
次回の混声練習は11月1日(土)13:30〜 笠田ふるさとセンター。指揮の金 正奉氏が指導に来て下さいます。

10月22日(水) 混声合唱/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (AVホール)

横笛10-22-1 横笛10-22-2

男性合唱4名の参加に加え、女性合唱より3名の方が参加下さった。男性パートだけでの練習は、どうしても間が取りにくいとの丹生一洋氏のご希望で、急遽3名の女性にお願いしたもの。
なるほど聞いてても聴きやすいし、男性合唱の皆さんも歌いやすいでしょう。(^-^) 今日の練習、歌詞の意味を理解し顔の表情で歌う…感情のこもった男前な練習風景でした。(*^^)v
次回の男声合唱は10月29日(水)です。益々男前な合唱を…。

10月18日(土) 混声合唱/指導・福本陽子 ピアノ・土田陽子 (大ホール)

横笛10-18-1 画像の説明

各地域で行われている秋祭りのせいでしょうか? 参加者が少なめ。^_^; 今回は、男性合唱5名・女性合唱7名でした。
来月11月の混声合唱の練習は笠田コミュニティセンターですが、1日(土)・22日(土)の両日共、今回 指揮をお願いしています金 正奉氏が指導にあたってくれます。合唱の皆さん宜しく〜。

先の15日(水)も男性合唱の練習が19:00〜 AVホールで実施されました。ワタクシ仕事で行けませんでしたが…。

10月14日(火) 声明勉強会/高野山真言宗青年教師会

青年会-僧侶

横笛の詩の脚本を書きかえ、今回の再演にはご僧侶の登場シーンが加わった。そこで舞台にもなる高野山・大圓院の藤田光寛師(高野山大学学長)より、師とゆかりのある真明寺(かつらぎ町佐野)の副住職をご紹介をいただき、高野山真言宗青年教師会を知る事になる。橋本市、かつらぎ町、紀の川市、海南市等の40歳までの副住職の方々が所属され、各寺持ち回りで勉強会を実施されている。
来春公演の横笛の詩には、このご僧侶の皆さんの中から6名ご参加いただきたく、勉強会会場となった桃山町の蓮台寺へお願いにあがった次第。皆さんは先月11日に、かつらぎ総合文化会館で公演の「高野山結縁行脚・大師の三鈷と不滅の聖灯」に出演されており、横笛の詩でも期待したい。

10月9日(木) 横笛の舞練習/指導・曽和敬子 横笛アリア/ピアノ・番匠久世

10-9舞 横笛アリア

午前9時30分〜リハーサル室で舞練習。午後はAVホールに移動して横笛(野口眞知子さん)のアリアの練習でした。
オープニングの舞は女性コーラス15名の方々と息を合わせなくてはいけませんから、そろそろ合同で練習をやってみたい。
全員が揃っての練習がなかなか出来ないのが悩みの種ですが、来月には合わせてみましょう。

10月4日(土) 混声合唱/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (AVホール)

小嶋彩子さん 福本陽子さんの指導で

朝、男性合唱の下ノ上さんからメールが届いていた。休日出勤で合唱練習には参加出来ないと…。お仕事柄、接近しつつある台風18号に供えてのことでしょうか?。下ノ上さんには残念でしたが、ピアノをお願いしていた小嶋さんは、運動会に出かける予定なので練習には遅くなるかもとの事でしたが、台風接近による雨を考慮して運動会の開始が30分早まり、お陰で(?)練習に遅れる事なく参加いただけました。(^-^)
今日から新たに女性合唱に新メンバーが加わりました。前回、はしもとしふるさとオペラ「石童丸ものがたり」にも参加下さった岡村憲子さん。これで女声合唱メンバーは25名に。
今日の参加者は、男性3名、女性22名でした。

9月26日(金) 男性合唱/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (AVホール)

9-26男性

藤原、松尾、南、丹生の4氏は毎回熱心に練習に参加下さっている。丹生氏以外の3方は初の出演で、この日も自主的に練習日を設定され実施したもの。
仕事の関係で全員が揃うのは難しいですが、指導の福本陽子さん、ピアノの小嶋彩子さんにも熱心に参加いただき有り難い。感謝!!!!!
次回は10月4日(土)13:30〜AVホールで混声合唱の練習です。(^-^)

9月25日(木) 横笛の舞練習/指導・曽和敬子 (リハーサル室)

横笛9-25

リハーサル室の大鏡の前での練習。それぞれの所作を確認しながらの練習です。まだ3回目ですが、動きの芯のブレが少なくなり随分キレイになりました。次回30日の練習を大ホールで予定していましたが、横笛さんには家で自主練習をしてもらうことに。
10月にはその成果を見せていただきましょう。(^-^)
明日は19時〜男声合唱の練習です。仕事帰りにご参加下さい。

9月20日(土) 混声合唱/指導・福本陽子 ピアノ・土田陽子 (AVホール)

画像の説明 画像の説明

今回は合唱指導の福本さん、ピアノの土田さん以下男性・5名、女性・13名、学生・8名の26名でした。
練習が進むにつれ、合唱参加者の人数もほぼ確定。男性は8名・女性24名(笠田高校生9名含む)の予定。もしかすると、女性にもう一名の参加があるかも。以前、参加の申し出があった方なのですが、その時点では定員オーバー状態で即決できませんでした。今日の時点でのこの人数なら1名増えても大丈夫でしょう。やってみたいとの意気込みは大切にしたいですからね。(^-^) 早速ご案内してみましょう。ご本人の意気が冷めていなければ良いのですが。

9月18日(木) 横笛の舞/指導・曽和敬子、横笛アリア/ピアノ・番匠久世

画像の説明 画像の説明

横笛(野口眞知子さん)の舞練習が午前中に大ホールで、午後からはAVホールで、初めて横笛のアリアを番匠さんのピアノで実施しました。
練習ピアノ担当の土田陽子さん、演技指導をお願いしている山本弥生さんも駆けつけてくれ、スコアの確認をしながらの練習でした。

9月12日(金) 男性合唱/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (大ホール)

9-12男性

合唱の皆さんには熱心に練習していただいており、今日は自主的に5名の男性の皆さんが練習。次の20日(土)の混声合唱以外にも、26日(金)にも午後7時から練習を実施します。仕事帰りにでも練習できる様にと設定して下さった。
ところで、この創作オペラ「横笛の詩」にも参加いただく予定の方も所属する 合唱集団おとだまの「第4回サマーコンサート」が、9月15日(月・祝) 13:00開場/13:30開演 橋本市民会館大ホールで開催されます。入場無料。是非、お運び下さい。
このサマーコンサート、タイトル通り8月に開催の予定でしたが台風のためこの日に延期になったものです。無事に開催された後は、「横笛の詩」への参加を楽しみにしています。(^-^) 残念ながらワタクシ法事のためお伺い出来ませんが…… (m_m)

9月9日(土) 横笛の舞練習/指導・曽和敬子 (大ホール)

画像の説明

今日初めて横笛役の野口眞知子さん(写真左)が、曽和敬子さん(同右)の指導もとオープニングの舞の練習に取り組みました。扇子の持ち方から手足の運び等を熱心に練習。(^-^) 飲み込みが早いので安心して拝見しておりました。
今月はじっくり舞の練習です。
横笛役の野口眞知子さん、滝口入道(斉藤時頼)には竹内直紀氏、その父親・斉藤茂頼に松澤政也氏、春蓬(尼僧)・福本陽子さん、和音・安田和代さん、侍女には曽和敬子さん・西尾 馨さん・森屋 結さん等です。
他に、丹生一洋氏、下ノ上文和氏、井本正也氏に家臣、修行僧をお願いしています。
音楽スタッフは、指揮に金 正奉氏、ピアノ・番匠久世さん、エレクトーン・東 真帆さん、フルート・左川佑璃さん、尺八・辻本公平氏。
全体練習が楽しみ。(^o^)
※9月・10月の横笛の舞練習の日程が変更になりました。上記確認下さい。

9月6日(土) 混声合唱の練習/指導 ピアノ・福本陽子 (大ホール)

画像の説明

男性4名、女性12名、笠田高校8名(顧問含む)の参加。
いつもの様に午後1時30分からの練習スタート。オープニングの「春鶯の歌」天野の里の「元気になってね横笛さん」「幸せのうた」を午後4時まで練習。一旦、男性は解散して、女性だけで「かざぐるま」を練習。初演では「ことことぐるま」だったものを歌詞を変えてやることになりました。児童の出演を見合わせて笠田高校の生徒達中心にした演技を考えなくてはいけません。(;。;) さて演出をどうしたものか。……(>_<)ゞ

8月30日(土) 混声合唱の練習/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (大ホール)

画像の説明

いよいよ本格的な混声合唱の練習が始まりました。
男性4名、女性コーラス10名、笠田高校合唱部から9名(顧問含む)の参加。参加率62%はちょっと少なめ。(^_^;
そこで 9月12日(金)と9月26日(金)の2回、19:00〜AVホールで男性合唱の練習日を追加しました。仕事帰りに是非参加下さい。20:00時まで実施しますので途中からでもどうぞ。

8月24日(土) 合唱の練習/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (大ホール)

8-24合唱

男性合唱は13:30〜のスタートで音取り(6名)。女性合唱(5名)は15:00〜の時間差で練習しました。初回練習に比べ声量も増し、出来上がりが楽しみ。今日は演技指導の山本弥生さんも覗きに来てくれて、小嶋さんのピアノの譜めくりを買って出てくれました。
練習は男性が4:30、女性が5:30までとたっぷり実施。8月30日(土)の妙寺地域の女性コーラスの皆さんと合流し本格的にスタートです。おっとその前にもう一度、小嶋彩子さん宅で男性の音取り。宜しく〜。

8月21日(木) 女性合唱の練習がスタート/指導・福本陽子 (AVホール)

画像の説明 画像の説明

夏休みと言う事もあって学生中心の音取り練習。地元の県立笠田高校・合唱部の皆さん、橋本高校と大阪芸大生の各一名と笠田地区のコーラス員の方々合わせて15名が参加。半年後の本番に向けて熱心に取り組んでくれました。
次回は24日(日)、男性有志と笠田地区の女性の方々による音取りを実施します。

8月16日(土) 男性合唱の練習がスタート/指導・福本陽子 ピアノ・小嶋彩子 (AV)

福本陽子さん(右)と小嶋彩子さん 画像の説明

いよいよ練習が始まりました。(^-^) 男性合唱11名中6名の参加。バスの丹生一洋氏、藤岡昭彦氏は初演に続いての出演。そこに初参加の岡村祐樹氏、南 康平氏のテノールとバスの藤原弘巳氏・松尾 隆氏のお二人。
「春鶯の歌」「幸せのうた」の音取りでした。
合唱指導の福本陽子さんには、7月30日に今回参加いただく地元 笠田高等学校合唱部の皆さんへの指導もお願いしました。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

防野宗和の「のほとけ(野仏)の散歩道」絵と書と邏/のほとけと絵添え文