この風のむこうから… 今日も、のほとけの囁きが聞こえてきます… 

防野宗和の「のほとけの散歩道」へ、ようこそ!!

諏訪原蘇外 華甲展

諏訪原蘇外 華甲展

2-22諏訪原蘇外華甲展

今日から諏訪原蘇外(恵子)さんの個展が始まった。(写真中央)
華甲とは、還暦の事。華甲の「華」を分解すると「十」が六つと一つの「一」になり、61を表している。華甲の「甲」は「甲子(きのえね)」で、干支(十干十二支)の最初をさしている。そこから還暦と同じく、数え年で61歳を表すようになった。《語源由来辞典より》
諏訪原蘇外さんは、私sowwaが主宰する「宗和塾」絵添え文教室にも参加してくれていますが、紀北文人会や百之会でも一緒に活動する「書」の仲間。
今日、絵添え文・かつらぎ教室を終え、そのまま教室生の光吉博子さん(写真右)と華甲展会場に足を運んだ。(写真左は、元 宗和塾生の家永稚恵子さん)
会場は80数点の作品が展示され、漢字作品や仮名、墨象、現代詩作品等幅広い。
昨年、この個展の計画を聞き、親しい書の仲間達が作品集の編纂協力や前日の設営を行った。
初日の今日、約200名の来場があり賑わっていました。24日(日)まで。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

防野宗和の「のほとけ(野仏)の散歩道」絵と書と邏/のほとけと絵添え文