この風のむこうから… 今日も、のほとけの囁きが聞こえてきます… 

防野宗和の「のほとけの散歩道」へ、ようこそ!!

チョット悔いた。

チョット悔いた。

金魚

十数年前に飼い始めた頃の3〜4cm程の金魚5匹、先日1匹亡くなって、今では17〜18cmまで成長したこの子だけになってしまった。
金魚の寿命は数年から20年位といわれているものの定かでないらしい。
この子、独りぼっちになってからは水槽の中で、じっとしている事が多くなった。
その姿、ちょっと可愛そうになって水槽からすくい上げて、居候のアイといつもの紀の川へ。
狭い水槽の中より、こっちの方がいいかなと浅瀬に放したが動かない。
数分経ってようやく紀の川の流れの中に消えて行った。
居候といつもの堤を歩きながら、あの子暫くこっちを見ていたよなぁ…。
ちゃんと餌を食べられるのだろうか…。初めての流れの中で大丈夫だろうか…。
紀の川に放した事をチョット悔いた。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

防野宗和の「のほとけ(野仏)の散歩道」絵と書と邏/のほとけと絵添え文