この風のむこうから… 今日も、のほとけの囁きが聞こえてきます… 

防野宗和の「のほとけの散歩道」へ、ようこそ!!

星の瞳

星の瞳

2-25アイと星の瞳

2-25雪のアイ

今月の14日の大雪から2週間余り、今日の散歩道にはオオイヌフグリの花が咲いていた。
居候のアイが顔を突っ込んでいたその雪の下で、この花が春を待ちかねて…(^-^)
花の名は、花後につく実が2つ並んでいる様子を犬のフグリ(陰嚢)に見立てた在来種のイヌノフグリに比べ、花も草丈も大きいことから名づけられたとか。チョットはしたなく可愛そうな気がするが、別名に「星の瞳」という名がある。こちらなら可愛くてピッタリ。
先日の大雪と一緒に、星の瞳が一緒に紛れてきた? >^_^<「忠実」「清らか」「信頼」等、この花姿らしい花言葉。星の瞳と共に春はすぐそこに。(^-^)

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

防野宗和の「のほとけ(野仏)の散歩道」絵と書と邏/のほとけと絵添え文