この風のむこうから… 今日も、のほとけの囁きが聞こえてきます… 

防野宗和の「のほとけの散歩道」へ、ようこそ!!

百花繚乱 日本ドラム絵巻

百花繚乱 日本ドラム絵巻

画像の説明 画像の説明

宮本亜門の演出による20数名からなる和太鼓集団DRUM TAOのステージ。舞台の進行にストーリーがあり和太鼓のド迫力の演奏と個々のパフォーマンスの高さに感激。大小の和太鼓意外に三味線や琴、フルートの演奏も加わり、台詞や歌がなくても物語性を読み取れた。また、コシノジュンコの衣装もタイトル通りの艶やかさで良かった。
オペラ創りの中でその時々にキャストを選んで、顔合わせをしその都度一から練習に入るやり方には舞台を深みきれない。一つの舞台に、個々の目的意識をもって一つの集団を形成して作り上げていくスタイルがないと難しい。キャスト、スタッフではなくキャストもスタッフも同じ目線と意識を共有出来る集団が羨ましい。

橋本市産業文化会館pm6:00開場、pm6:30開演。宝くじ文化公演・ 橋本市産業文化会館 開館25周年記念。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

防野宗和の「のほとけ(野仏)の散歩道」絵と書と邏/のほとけと絵添え文